塗装知識、ペンキの種類|さいたま市、川越市、所沢市、狭山市のペイントホームズ川越店

知っ得豆知識
Knowledge
自動塗装見積り
外壁
シリコン
ハイグレード

外壁塗装パック合計額
504,000
現場調査/無料見積り ▶
屋根・外壁塗装のプロが知って『得』する基本知識をお伝えします。
屋根・外壁塗装の知識がない段階で業者を選ぶのはとても危険なことです。正しく塗装業者を選ぶためには、基礎知識を学ぶことがとても大切です。建物の外壁や屋根の塗装の基本を学ぶことで、塗装の必要性や業者選びに役立ちます。まずは、基礎・基本をしっかり押さえておきましょう。

 1

屋根や外壁の塗装の必要性
塗装と言えば建物を想像するのではないでしょうか?しかし、住宅・家などの建物だけでなく、車・船・家具・自転車などあらゆるところに塗装はされているのです。ではなぜ、塗装は必要なのでしょうか?また、塗装にはどんな役割があるのでしょうか?
塗装は防水
建物の外壁には、主にモルタル、コンクリート、サイディングなどの素材が使われており、車や船には鉄、家具などには木材が多く使われています。これらのどの素材も水に弱く、塗料で防水保護をしないとサビや腐食などを起こし物自体の寿命に大きく影響してきます。もし、木に塗装せず雨で濡れたままにしておけば、内部の湿気が溜まった状態となり腐食していきますし、車や船などに塗装をせず、雨や水がかかってしまうとサビがでてきます。家の寿命を縮める大きな原因は、雨、水、湿気です。防水効果がなければ、木部が腐れたり、きしんだり、鉄部がサビたりと様々なところが劣化していきます。このように、水は非常に物を劣化させる力があるため、キッチン・バス・洗面所などの水周りや屋根・外壁のように雨で濡れる場所が1番に傷んでいきます。建物の寿命を延ばすためには、外部の防水効果を高めて、内部への雨や湿気の浸入を防がなくてはならないのです。
塗装は美観
塗り替えは新しく色彩を変えることが出来ます。これは単に建物を保護するに留まらず、外壁や屋根はもとよりバルコニーや玄関周りなど、好きな色で建物全体をメイクアップすることができ、お住まいや店舗、またその住民にとって、きっと大きな付加価値を与えてくれることでしょう。また、マンションのような集合住宅であれば『オシャレ』『綺麗』などの美観は雰囲気やイメージに直結している為、集客率のUPにもつながります。塗装は建物を『オシャレ』『綺麗』にすることができ、物の資産価値を高めることが出来るのです。

 2

塗料の種類
安心できる塗装工事を行うためには、建物を長く維持できる機能を備えた塗料を選ぶ事が大切です。現在、数多くの塗料メーカーからいろんな種類の塗料が販売されています。塗料の品質、機能も様々ですので、それらの違いを理解し、慎重に選ぶ事が大切です。
塗料=着色顔料(色)+樹脂(ボンド)
塗料は、基本的にアクリル樹脂、ウレタン樹脂、シリコン樹脂、フッ素樹脂からできており、樹脂は「ボンド」の役割をはたしています。樹脂に顔料等を加えて塗料となり、樹脂によって基本的な耐久性が異なってくるのです。
 フッ素樹脂塗料
塗り替え周期を伸ばしたい方におススメです。耐久性、機能性に大変優れていますが、デメリットは、 普及率が低いため、割高となります。
 シリコン樹脂塗料
戸建て、アパートの外壁塗装で一番使用されている塗料です。フッ素樹脂塗料の次に耐久性が良くバランスが取れた塗料です。
 ウレタン樹脂塗料
10~20年前に最も普及していた塗料です。シリコン樹脂塗料に比べて耐久性は劣りますが、価格とのバランスでは優れた塗料です。
 アクリル樹脂塗料
新築塗装や不動産関連の転売目的物件でよく使用されています。安価で耐久性が低い塗料です。価格重視の方におススメです。

溶剤系塗料と水性系塗料
数多くの塗料があり、塗料を大きく分けると次の二つに分かれます。1つが水性系塗料、もう1つは溶剤系塗料です。簡単に説明しますと、水に溶ける塗料を水性系塗料、シンナーで溶ける塗料を溶剤系塗料といいます。マジックなどの、水性インクと油性インクの違いだと覚えておきましょう。
溶剤系塗料
溶剤系塗料は、耐候性、耐久性に非常に優れており、船や車、家具などの日常生活で使われているほとんどに溶剤系塗料が使われています。一方で、水性系塗料に比べ扱いにくく、作業性が悪い、価格が高い、シンナーの臭いがするといった欠点があります。
水性系塗料
水性系塗料は作業性に優れ、とても取り扱いがし易いのが特徴です。また、価格も溶剤系に比べて安く、臭いもしないという利点があります。欠点は溶剤系に比べると、耐久性、耐候性が悪いという点です。
1液型と2液型
水性、溶剤塗料には1液型と2液型があります。1液型は水やシンナーで希釈するだけで硬化反応し作業効率の向上と2液型と比べると安価な塗料となるため経済的です。

2液型とは主剤と硬化剤を指定の比率で混ぜ合わせ、水やシンナーで希釈するタイプの塗料です。
耐久性、機能性、塗膜形成という面では、1液型より2液型の方が優れています。また、主剤と硬化剤を混ぜた塗料は硬化するため、翌日には使用できなくなり作業効率低下と残材処分が増えてしまいます。

 3

塗装の工法
塗装工事の方法として、大きく分けるとローラー工法、吹付け工法、特殊工法に分けられます。それぞれの工法により、違った模様や仕上がり等変わってきますので、適材適所に工法を選択することが大切です。
ローラー工法
塗料をローラーで塗装していく工法で、主に塗り替えの塗装工事に多く使われます。吹付け工法のように多彩な模様はできず、下地の模様(新築時の模様)をそのまま出すことが多くあります。飛散の問題が少なく、塗装工事では、この工法が多く使われています。
吹付け工法
主に新築の塗装工事に使われる工法です。塗料をエアガンで飛ばし、スタッコ模様、ボンタイル模様、砂状模様(リシン)を演出します。塗り替え工事には、塗料の飛散などの問題があるため、新たに模様をつける場合にのみ使われることが多いです。
特殊工法
刷毛、コテや特殊ローラー、などを使って特殊な外壁を演出することができます。マンションエントランス、輸入住宅などに使われています。